おすすめの記事

2021年【転職&同棲】で何か変わろうとしてるマイライフ

今年の1月に転職そして同棲をはじめ初の東京生活が始まりました。

今まで同じ会社で10年。30歳を過ぎても手取り18万円。重い腰をあげて決断をしました。

転職と同棲という2つの大きな決断は僕の人生を大きく変えようとしています。

具体的に変わったことをお伝えします。

転職によって変わったこと

転職して変わったことは大きく2つ。

給料のアップ

今まで毎年2000円、3000円の昇給しかなかった人生。

転職だけで2万円あがり、更にこの1年で15000円アップ。

1年前と比べて35000円給料が変わりました。

生き方を考えるようになる

企業に就職してまわりにたくさんの同僚がいる。ましてや東京は移り変わりが激しい。新しい情報がどんどん流れてきて。次は誰が独立するのかなんて話が日常茶飯事。

今まで自分がいかに人生を考えてきてなかったんだと呆れてしまう。

まったく考えてこなかった訳ではない。

ただ、考え方が浅かった。

そこに気付かせてくれたのは今いる会社の同僚たち。

同棲することで変わったこと

協力して生活するという新鮮な感覚

ずっと一人暮らしをしてきた。”恋人がいる”というのと”同棲してる”というのでは話が全然違う。

僕らはお互いに違う業種で働いている。洗濯、料理、掃除などの家事がすべて二人分になる。支払いも同じで家賃、光熱費、食費も二人分だ。ただ問題はどのように分担すべきかである。

ここに関しては僕は別の記事にしてるのでそちらも参考にしてほしいです。

【推奨】同棲の費用はどのように分担すべきか? 彼女と同棲を考えているけど費用のことが気になり、なかなか行動に移せない人は多いと思います。僕もその一人でした。実際に同棲して現在9ヶ月...

彼女は料理が得意なのでほとんど彼女にご飯を作ってもらっている。

僕は大掃除が嫌いではないのでたまに目立つ汚れを徹底的にキレイにするくらいで、ほとんどの家事は彼女に任せている。その代わり家賃、光熱費はすべて僕が払っている。そこまでする価値があるとも思っている。恐らく今現在、毎月の貯金額は僕より彼女の方が多いだろう。それでも僕は家事をめったにしない。食器の洗いものをするくらいだ。僕は一人暮らしの時と比べて家事をする時間が少ない。つまり自分の時間をお金を使って買い取ってるという感覚に近い。空いた時間にブログを書いたり、本を読んだり、動画を見たりして楽しんでいる。しかも日々栄養まで考えてもらった食事に大変満足している。

他にも一緒に暮らして感じる点として女性は体調の波が想像以上に激しい。

辛そうな日は僕が家事をすることもある。ここは助け合えてる気がするポイントでもある。

同棲は一人暮らしより生活費が安い

これは一概に言えないけど僕の場合は食費のみ彼女に払ってもらっている。食費は料理する人からみたらコントロールしやすいらしい。たまにしかしない人間からすると毎月の変動額が大きくてすごく厄介である。この苦手なところをお願いすることによって僕自身は大きな節約に繋がっている。

転職と同棲を同時にして変わったこと

常に2人の未来を考えるようになった

一緒に助け合ってるからこそお互いの為にこれから何ができるのか。自然とよく考えるようになった。お金の稼ぎ方、貯め方、増やし方について真剣に考えるようになった。

転職と同棲は疲れる

どちらも前向きな要素が大変大きくいいことばかりなのはまちがいない。しかし人生においてどちらも大きな変化をもたらすイベントなので負担も大きい。越してきたばかりの時は会社での業務もなれず家に帰っても2人の生活。どちらももちろん望んだことで当然嫌ではない。しかし少なからず大きな変化はストレスを生むので片方ずつ時期をずらしてもよかったのかなとは思う。

最後に

2つを同時にしたから今年は慌ただしく時間が早く感じました。今の僕の給料は年相応ではないし、大卒の初任給とそれほど変わらないと思う。それでも毎月10万貯金することができる生活になりました。去年からは信じられない生活になっている。やはり行動したものから人生は変わるのだと思います。

20代からやっておけばなあ。

そんな言葉で今回の記事は終わります!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です