映画紹介

悪役ジョーカーの評価が非常に高い映画ダークナイトをネタバレなしで解説

私はバットマンの過去の作品はまったく知りません。アメコミが原作でマスクをしてマントを付けてるということ以外何も知らないです。そのうえでダークナイトを観ました。(サムネイル画像はAmazonから引用してます)

これはおもしろいです。まだ観てない方へこの記事で紹介します。

  • アメコミ好きはもちろんアクション好きな方にもオススメ
  • 名優ヒース・レジャーの見応えのある迫真の演技に注目!

#7 ダークナイト

ダークナイトの基本情報

2008年のアメリカ・イギリスの共作映画。

監督 クリストファー・ノーラン

主演 クリスチャン・ベール

公開前に死去した悪役ジョーカーを演じたヒース・レジャーは第81回アカデミー賞にて助演男優賞受賞。

本作はクリストファー・ノーラン監督によるバットマンのリブート作品。3部作「ダークナイト トリロジー」の”バットマンビギンズ(2005年)”に続く2作目にあたる。そして”ダークナイト ライジング(2012年)”にて完結する。

ダークナイトのあらすじ

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。
この街を守るのは、バットマン(クリスチャン・ベール)。彼はジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。
それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。新任の地方検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)だ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。
資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。「オレが、バットマンを殺す」。条件は、マフィアの全資産の半分。しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。
遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェル(マギー・ギレンホール)を次のターゲットに選ぶジョーカー。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった……

引用元:ワーナーブラザーズ公式サイトダークナイトより

ダークナイトの見どころ①リブート作

私は冒頭で伝えた通りバットマンを観たことがありませんでした。そもそもアメコミに興味がなくバットマンも昔のものという印象があるため敬遠してました。しかし今回リブート作として出すとのことで少し気になっていました。リブート作品とは長く続く作品の連続性を絶ち、新たに仕切り直したものをいいます。過去に紹介した007カジノ・ロワイヤルもリブートです。リブートされた映画の特徴として今までのファンからは賛否が分かれる可能性がありますが、その作品をまったく知らない私のような人間から見ると受け入れやすいものが多いです。007カジノ・ロワイヤルもそうでした。

ただ、ひとつ気になるのは本作が3部作の2作目ということです。しかもこれから観ようとしたときに知りました。当時既に話題にあがっていてダークナイトがめちゃくちゃおもしろいという噂は聞いていたのでちゃんと調べていませんでした。結論を言うと大丈夫でした。全く問題なく楽しめます。

ダークナイトの見どころ②ダークナイトの世界観とキャスト

まず先ほど3部作であるにもかかわらずダークナイトから見ても問題ないと書きましたが、正確にはダークナイトビギンズを観てからの方が人間関係の把握がしやすいでしょう。ここからは予備知識もなくいきなりダークナイトを観た人間の感想になります。

まず全体的に映像が暗いです。昼間の屋外以外の風景はほんとにダークな世界を作っています。おそらくこの悪がはびこるゴッサムシティという町の雰囲気、バットマンの世界観を表しているのかと思われます。

そしてバットマンについて誤解していたことがいくつかあります。まずバットマンは超人ではなく普通の人間しかも資産家ハイテクの装備と異常なまでの正義感で成り立っています。彼の正体を知っているものは限られていて一部の人間だけです。

バットマンを支持する二人の人間。地方検事のハービーデントとゴードン警部補。正義感の塊である3人が巨大な犯罪と向き合ったとき精神的に揺らぐそれぞれの感情の変化にも注目です。そしてこのゴードンを演じるのはレオンで悪役を演じたゲイリーオールドマン。”レオン”のイメージから考えるとあんな冷酷な男が年を取って丸くなったものです。

バットマンの素の顔であるブルースを支える2人は名優です。まず執事のアルフレッドにマイケル・ケイン、兵器を用意するフォックス役にモーガン・フリーマン。共に大御所俳優です。

そしてマギー演じるヒロインでありブルースが想いを寄せる幼なじみ、検事補佐レイチェルは物語の流れを大きく変える存在です。

ダークナイトの見どころ③ヒース・レジャー演じるジョーカー

ダークナイト最大の魅力はマフィアで溢れた治安の悪い街に突如現れた”ジョーカー”と呼ばれる男が正義感だだ漏れの3人をかいくぐりいかにゴッサムシティを恐怖の街へ変えていくのかというところだと思います。ジョーカーは白塗りの一見ふざけた男ですが人の精神を揺さぶるのが感心するほどとにかくうまい。そして非常に冷酷でお金に興味はなく単純に人々が恐怖に混乱するさまを楽しむ異常者です。ヒース・レジャーは素顔を知るとなお驚く二枚目俳優で、しかも亡くなったのは28歳という若さですがジョーカーはもっと老けて見えます。役作りなのか役者としての演技力なのかいずれにしても恐ろしい人間を完全に演じていて、牢獄にてゴードンに拍手するシーンはかっこよくもみえます(素顔を調べて知ってしまったせいかもしれない)。あの容姿で看護婦に変装しているとこなんてただの変態ですが彼がいつ何をしでかすかわからない危険人物であるために滑稽な姿でも観ていて気が抜けません。人の命に無関心な人ほど(ジョーカー自身の命も含め)怖いものはないなと思いました。ジョーカーは人の心を操るメンタリストとしての力を持ったテロリストに近い印象を受けました。

まとめ・感想

本作は異常犯罪者によるゲームによって踊らされる人々が描かれています。その犯罪者ジョーカーの恐ろしさが際立つためにバットマンとのバランスがよく映画として成り立つのだと思われます。派手なアクションシーンはありますが超人ではなく出演者全員が生身の人間。バットマンにも悩みがあり、ブルースと執事アルフレッドとのやりとりが唯一ほっこりできるシーンなのかなと思います。

3部作なので時間に余裕のある方は全部観た方が感情移入できるでしょう。もちろんダークナイトだけでも楽しめます。ジョーカーはおそらく映画史に残る名悪役でしょう。是非観てください。カシヤでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です