おすすめの記事

都内最大級の園芸センターオザキフラワーパークに行ってきた

彼女と連休が合ったのでデートしようという話になりました。

 

Instagramはこちらから

何をしよう?最近ドライブに行ったりして散財してしまうのも怖いしどこかいいとこないかなと探していたら彼女が「オザキフラワーパーク行く?」と聞いてきました。数か月前に彼女が一人で行ってテンション上げて帰ってきたお店で、僕の中ではちょっと大きなお花屋さんという感覚でした。最近お母さんからアボカドの木をもらったのですが鉢が無くてペットボトルで育てていたので植え替えをしたいと言ってました。キラキラした目で言われたのでまあ僕も他に行きたいところが思いつかなかったし二人で”ちょっと大きなお花屋さん”に行くことにしました。

オザキフラワーパークの所在地は練馬区で最寄り駅は西武新宿線武蔵関か上石神井に当たります。しかしどちらも微妙な距離で10分以上歩くことになります。僕らが住む板橋区からはちょっと不便な位置にあり歩くことは承知で西武池袋線の大泉学園から歩いて行くことにしました。大泉学園駅からはバスも出ていますが僕らは散歩好きな面もありいい天気だったのでおしゃべりしながら歩くことにしました。

練馬区のオザキフラワーパーク

道中はオザキフラワーパークの影響かと思ってしまう程どのご家庭にもきれいな花が玄関に飾って合って意識高い印象を受けました。

ここ練馬区は緑豊かで23区の農地の4割はここ練馬区にあります。畑も多くて普段都会にいるとこういう風景に心躍ります。いい写真が撮れました。

こういう背景があったので練馬区を選んだのかなと思いました。

花屋の枠を超えたスケール

30分歩いてようやく到着。

驚きました。これは”ちょっと大きなお花屋さん”ではない!

植物のテーマパークです。

パッションフルーツやレモンの木があります。

着いてから10分ほどで様々な植物を見て

もう楽しいのですが、まだお店の中に入ってないんです!

お店の外にも大量の植物が展示されていてどれも売り物なのです。

閉店後に全部しまうのか気になるほどです。

広すぎて彼女を見失いました。。。

2人で遊びに行って「どこにいる?」ってLINEしたのは久々です。

彼女をやっとみつけて二人で店内に入りました。

店内はスーパーと併設されていて1階には切り花も売られていますがメインは2階になります。エスカレーターを上るとジャングルに突入します。

彼女はガーデニング好きなので楽しそうなのですが、僕もテンションあがります。観光で地方の植物園に来てるような感覚があります。広くて様々な種類の植物が展示されていて尚且つすべて商品なので手入れもちゃんとされていてキレイなものばかり。お気に入りが見つかり自宅で育ててみたいとなれば値札が付いてるのでその場で購入も可能。ガーデニングの道具も全部ここで揃えられるという利点があります。

そして僕にとっては思わぬ収穫がありました。

アクアリウムコーナーが充実

熱帯魚が売ってます!爬虫類や金魚まで。僕は生き物が好きなのでこのコーナーで30分は余裕で時間をつぶせます。

しかも流石オザキフラワーパーク。水草もめちゃくちゃきれいです。しっかり手入れされていて水槽もきれいでした!

まとめ

観葉植物が欲しければ一度来る価値がある園芸ショップです。来店したゴールデンウィークは混んでましたので今度は平日ゆっくり見たいです。彼女曰く値段が安いかといえばまた別の話のようであくまでも種類の豊富さが魅力のお店のようです。僕は単純にたくさんの緑と生き物に囲まれて癒された感覚があります。2時間ほどのデートを楽しむことができました。入場料も無料で人気があって当然だと思いました。植物は意外と重くて場所を取るのでご購入の際はよく考えてからご利用ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。