おすすめの記事

【サブスクと比較】今だから思うレンタルショップのいいところ

休日や息抜きに自宅で映画を観ることってあると思いますが皆さん何を利用してますか?

僕が子供の頃、30年ほど前はテレビの金曜ロードショー的なテレビの特番で観てました。その後TSUTAYAなどの近所のレンタルショップでCDと同じように一緒に借りるようになりました。鎌倉で暮らし始めた2012年歩き回ってもどこにもないんですよね、レンタルショップ。鎌倉駅周辺にはTSUTAYAもGEOもありません。数年後サブスクリプションという形態で映像コンテンツが普及して僕もレンタルショップを使わなくなりました。

僕が使ったことのあるサービスはNetflix、Amazon Prime Video、Hulu,U-NEXTの4種類でそれぞれに特徴があります。どちらも毎月定額料金を支払いインターネットを通じてスマホやテレビ、パソコンで映像コンテンツを楽しめるサービスです。

サブスクで映像コンテンツを見るメリット

①すぐに見られる

サブスク最大のメリットがこれです。インターネットさえ繋がっていれば思い立った時にその場で見たい映画を楽しむことができます。

➁借りに行くのも返却する必要もない

①に重複しますがレンタルショップまで外出する必要がないので大雨の日でも深夜でも影響されません。

③支払いの手間がない

サブスクは定額制なので一度契約すれば毎月決まった日に引き落とされます。見る度に支払う手間もありません。

各サービスの特徴

  月額料金
Netflix 990円から1980円(料金により画質が変わる)
Amazon Prime Video 409円から500円(年契約の方がお得)
Hulu 1026円
U-NEXT 1639円から2189円(プランが異なる)

それぞれ利用したうえで個人的な主観に基づきご紹介します。

Netflix

3つのプランから選択します。それぞれ画質が異なります。

ベーシックプラン 990円画質を気にしない人向け。

スタンダードプラン 1490円通常画質。

プレミアムプラン 1980円高画質。

またプランにより同時に視聴できる端末数も変わるので選択する際の判断材料になります。Netflixの特徴は独占されるオリジナルの作品が魅力的なところです。数年前に話題になった「全裸監督」「愛の不時着」など話題作のドラマが多いです。

個人的な使い方としてはNetflixのオリジナル作品にそれほど興味がなかったのですがNetflixには他のサービスにはない大きな武器があります。それはNetflixをGoogleと連携することによりパソコンで2言語同時字幕ができます。僕のように英語を勉強してる人にとっては好きな映画が最高の英語勉強教材になることだってあり得るのです。今はこの使い方以外でNetflixを使うことはなくなってしまいました。勉強として使うのなら画質は気にしないので一番安いプランを利用できます。

Amazon Prime Video

サブスクの王道。映画がたくさん観れるというよりはそれ以外の付加価値が盛りだくさんで圧倒的コストパフォーマンスが強いサービスです。Amazonで買い物をする方ならお急ぎ便や日付指定が無料でできます。動画、音楽、本もサブスクで使い放題。Amazonphotoが利用できるので画像を無制限に保存できます。これらはサービスの一部に過ぎません。僕は会員になってから解約したことがなくておそらくこれからも使っていくと思います。

プランは2種類毎月払うか年に1回払うかの違いですが僕はAmazonphotoを頻繁に利用してるので。というのもクラウド上に画像を無制限に保存してくれるサービスってなかなかないしそれがまたサービスのうちの一つというのもお得感があります。年払いの方が1年に1100円もお得です。まずは30日間の無料体験サービスから始めてみることをおすすめします。また、Amazonは学生用にお得なサービスがあり半額で使えるようです。

Hulu

1026円固定。ドラマ作品が豊富なイメージ。あまりドラマを見ることがない僕にはあまり不向きなサービスでしたが14日間の無料期間だけ利用したことがあります。つまり実際にサブスクに加入したことはありません。ただお笑い好きな方にはすごくおすすめなコンテンツを持ってまして。。。笑ってはいけないシリーズを不定期でコンテンツとしてあげてくれます。僕はそれが見たくて無料期間を使用しました。

U-NEXT

 

最後にU-NEXTを紹介します。値段が高いのでサブスクを利用するのに消極的な考えを持ってる方も多いと思いますが。実際お得なサービスです。まずプランは2つあります。

2189円のプラン 毎月最新の映画、漫画、小説に使える1200ポイントがもらえる。

1639円のプラン 1年以内に解約すると5000円の違約金が発生。ポイントはつきません。

U-NEXTは見られる作品数の多さも圧倒的と呼ばれています。僕は1年に数回利用してますが絶対2189円のプランにします。毎月使わない時点で当然のことですが問題は違約金のことではなくて毎月付与される1200ポイントの部分です。ポイントはU-NEXT内で使えるお金のような物なので実質毎月約1000円で見放題が利用できます。しかもU-NEXTは映画以外にも多くの映像コンテンツを提供してます。お笑いも豊富です。東京03の作品もほぼ網羅してます。興味のある方はぜひどうぞ。

改めて考えるレンタルショップ

僕は最近鎌倉から東京に引っ越しました。歩いて15分ほどのところにレンタルショップのGEOがあります。もう何年もサブスクを利用してきました。CD・DVDを借りるというシステムに懐かしささえ感じます。ただ、このGEOも僕が知ってるGEOとは違いました。

①CDが置いてない

比較的小さな店舗だからかもしれませんがこれもサブスクの影響だと思います。今や音楽も定額で聴き放題の時代大体1000円の音楽サービスが多いので、僕が学生の時はCD1枚100円とかだったと思います。アルバムはもっと高かったかも。そう考えたらレンタルよりサブスクを使って当然です。お店も利益にならないものを置きませんよね。

➁セルフレジ

コンビニ、スーパーだけでなくレンタルショップもセルフです。気軽に使えるという部分においていい改善点だと思います。

③値下げ

驚いたのはDVD1本の価格。いえ、正確にはレンタル期間が延びたと言った方がいいですね。映画1本100円で2週間借りることができます。僕の記憶では当時どのお店も7泊8日というのが主流だったと思います。こうでもしないとサブスクと戦えませんよね。

レンタルショップを利用するメリット

①値段

旧作100円で2週間借りるメリットは大きいです。先日スターウォーズを借りました。同作品をサブスクで見ようとしたら199円で48時間レンタルでした。アマプラもU-NEXTも同じ値段です。

➁サブスクにない作品がある

レンタルショップ最大の魅力、いや、唯一の武器がこれです。未だにどのサブスクにもない作品というのが存在します。

僕がレンタルショップで借りる作品

ジブリアニメ

笑ってはいけないシリーズ

ディズニーアニメ

国内ドラマ

一部サブスクで見られるものもあります。それこそディズニーアニメやスターウォーズはディズニープラスで見られます。しかしディズニープラスに加入するほどなのかという話になってきます。ドラマもそうです。各放送局のサブスクで見ることもできますが昔の作品の場合権利の問題で「この作品の3話がサブスクでは見られない」なんてこともざらにあります。

そしてジブリ映画なんてレンタルするかテレビで放映されるのを待たないと観ることすらできません。こういう作品がある限りレンタルショップは必要としてもらえるのかと思います。

そして僕らもサブスクリプションとレンタルショップを上手に使い分ける必要性があります。