映画紹介

映画「コンフィデンスマンJP」ドラマ未視聴のネタバレなしの感想

  • 長澤まさみ主演コメディドラマの映画化
  • 人気女優長澤まさみが顔芸を見せる
  • 信用詐欺師3人組が悪い奴を騙して儲ける映画
  • ストーリーはそれなりに楽しめましたが、コメディ要素が強い作品のわりに笑えるシーンが少ないのが引っかかりました
  • ドラマは一切見ていません。そのうえでの感想です。(サムネイル画像はAmazonから引用してます)

番外編#3 コンフィデンスマンJP-ロマンス編-

基本情報

2019年5月17日公開の日本映画

監督 田中亮

出演 長澤まさみ/東出昌大/小日向文世/三浦春馬/江口洋介

上映時間 116分

あらすじ

華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。
次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。
彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。

ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。
そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。
そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。
騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?

引用元:コンフィデンスマンJP公式サイトstoryより

コンフィデンスマンJPの見どころ①ストーリー

詐欺師を題材にしたコメディ映画ということで話の流れとしては普通に楽しめました。

ネタバレになるので細かいことは書きませんが難しいことは考えずに観てもらえばと思います。

コンフィデンスマンJPの見どころ②長澤まさみの体当たり演技

体当たり演技と言っても肌を露出したりアクションシーンがあるわけではないです。

声張ってます!それと顔芸ですね。こんな顔までしてくれるんだってな具合に美人が台無しのいい顔をしてくれます。

コンフィデンスマンJPの見どころ③映画好きがニヤッとする

「ゴースト」や「アンタッチャブル」のパロディ的なものは少しニヤついてしまいました。

あと江口洋介がヤクザを演じてるわけですがなんとなく、殺し屋を演じた「凶器の桜」や私の好きな「スワロウテイル」を思い出させてくれます。

おすすめの映画を紹介!岩井俊二監督【スワロウテイル】の魅力とはここでは単純に私の好きな映画を思う存分勝手な見解と共に感想を述べていきます。ここでは私がちょっと大人の世界を知った思い出深い大好きな作品...

コンフィデンスマンJPの気になるところ

この映画を存分に楽しむならドラマを見ておくべきなのかなと思います。

劇場でざわつくシーンがいくつかありましたが私はよくわかりませんでした。鑑賞後にMIHOシネマWikipediaをチェックしてみましたがこの映画はドラマとの関連が強いですね。

ドラマのゲスト出演者が結構出てます。

あとは主役ダー子の天才っぷりがそれほど感じなかったり、ヤクザの赤星もどれほど悪い奴なのか映画ではよくわかりませんでした。

オサカナ発表ドーン

最初聴き取れませんでしたが印象に残る言葉です。既に予告で出てますが(‘ω’)

感想

私の後輩(20歳女性ドラマ視聴済み)がおもしろいというので観てきました。

私も長澤まさみが好きなので彼女の今までと違ったコメディの顔が見れたのでよかったのかなと思います。後輩の意見も取り入れた感想になりますが、

ドラマを視聴してた方と好きな役者が出てる方にはおすすめです。それ以外の方は映画館でなくてもいいのかなというのが正直な感想です。

最後に、この映画を観るとドラマを見たくなります(*’ω’*)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です