おすすめの記事

UQモバイルにしたら本当に料金が格安になった

スマホはUQがお得かもだぞ(サムネイル画像はAmazonから引用してます)

格安SIMに替えるとどれだけ安くなるのか

ずっと大手のスマホを使ってた私も格安SIMがお得という話を聞き昨年20年お世話になったドコモからUQモバイルに乗り換えた。

半年が経った今思うことは

替えて正解だったな。」

ドコモが悪いとかではない。ドコモの電波は言うまでもなく問題ないし格安SIMの存在を知らなければ今もドコモのままだったかもしれない。

それでもUQモバイルに替えて通信料が今までの半分以下になった

これに尽きる。

乗り換える前は気になることがいっぱいあった。

  • 電波が悪いという噂
  • 乗り換えが面倒くさい
  • 通信料がそこまで安くなることなんてあるのか
  • 格安SIMにはできないことがあるらしい?!

結論からいうとまったく気にする必要はない。

私は東京都内に住んでるということもあるがUQモバイルの電波は決して悪くない。不便に感じたことは一度もない。

乗り換えも非常に簡単。

UQモバイルホームページからわかりやすく案内してくれる。

言われた通りに動けば問題なくできるでしょう。

因みにドコモの人から引き留められることはない。

ポイントはネットで済ますこと。ドコモショップに行ったらそれは大変。

何時間も待たされたうえで「なぜやめるのか。どこに移るのか?」もう根掘り葉掘り聞いてくる。時間の無駄なので行かないように。

とにかく8000円以上していた通信費が今は3000円から3500円に収まっている

格安SIMは一部使えない機能があり、一番有名なのはキャリアメールが使えない。今までドコモメールだったので必要なものはすべてGmailに切り替えて事なき終えた。他にも使えない機能はあるのだろうが正直まったく困らない。

格安SIMに切り替えるタイミング

私がUQモバイルにしたのは2020年10月。格安SIMがお得だということはずっと言われていたのでもともと替えるつもりでいた。むしろきっかけを探していた。その当時androidを使用していたがiPhoneのシンプルなデザインが気になりだしたこともありドコモの2年契約が満期を迎えたら替えようと思っていた。期間を設けて契約をすることにより他社への切り替えを防ぐ手段はどのキャリアも使っている戦略。決められた期間以外で契約を破棄すると違約金が発生する仕組み。私の場合約1万円の違約金だった。それを払わないために半年ほど待ち満期で乗り換えたわけだがこのやり方は大失敗。

理由は毎月の使用料が約5000円も安くなるのだから1ヶ月待つ意味はあっても2ヶ月以上は全く意味がない。ましてや満期までが3ヶ月以上先の話なら違約金を払おうが今すぐ乗り換えた方が得なのだ。

UQモバイルにした理由

格安SIMは何十社もある。その中で私がUQモバイルを選んだのは広告塔となっているポスターの3人がかわいかったからである。

これは半分冗談で半分本当の話だ。

私はショップではなく家電量販店のスマホ売り場に行き、そこで巡回してる店員に話を聞いてみた。各ブースに行ってしまうと偏った情報しか聞けないような気がしたからだ。

「格安SIMを考えてるのですがオススメありますか?」

立ち話で10分ほど付き合ってもらった。その店員さんはYモバイルとUQモバイルが比較的電波がいいのでおすすめとのことだが彼はauユーザーだった。家族がいて家族割のサービスを利用するとそれほど料金が変わらないからだとのこと。

その情報を持ち帰って再度ネット検索。正直良い意見も悪い意見もある。よくわからない状態だった。パンフレットを見比べて最終的に深田恭子、多部未華子、永野芽郁の可愛らしさで選択した。それほどネット上の情報では大きな差は感じられなかった。

UQモバイルにしてみて

今は満足している。半年以上経ち不満は特にない。その間楽天が勢力を広げたりドコモが格安ブランドahamoを発表したりと世の中は変わっていくがUQモバイルもくりこしプランという新料金プランを発表した。それにより私の通信費は2021年4月ついに3000円を切った。税込2584円という価格には大変驚いた。私は自宅ではWi-Fiをしようしているのでデータ容量は3GBで十分なのだ。そんな私の4月の明細はくりこしプラン基本料金1480円、アップルケア367円(保障サービス)、通話パック500円(毎月60分まで無料通話サービス)これに消費税などが加算され約2500円だったというわけだ。

今後について

しばらく私はUQモバイルでいいかなと思っている。もちろん競争社会なのでもっとお得な会社も出てくるかもしれないけど一年前に1万円近く支払っていた金額が今は信じられない価格に抑えられている。十分だと思う。

ただ時代は変化し続けるので常に柔軟な頭でフットワークは軽めにいつでも行動に移せるようにしておかなければばらないと自分に言い聞かせている。昨年までスマホに8000円払うのは普通だと思っていたが今5000円以上払うのは馬鹿馬鹿しくて仕方がない。自分が当たり前だと思っていたことが崩れた瞬間。たかがスマホの通信費だが無知とは危険であると気付かせてくれた気がする。