おすすめの記事

ボヘミアンラプソディーを観てハマったクイーンのDon’t Stop Me Nowの歌詞と解説

映画ボヘミアンラプソディーを先日拝見してからこの曲にすっかりハマってしまいました。

CMでも何度か使われていて有名な曲でもあります。

本編はフレディのバンド結成から1985年のチャリティーライブ「ライヴエイド」までの伝記映画ですが、この曲はエンディングで使われてます。映画のタイトルにもなっているBohemian RhapsodyではなくどうしてDon’t Stop Me Nowなのかというと楽しい気分にさせてくれるんです。

フレディ・マーキュリーは病死により45歳の若さで亡くなりました。映画はクイーンの全盛期がメインになるわけですがそれでもフレディの苦悩、葛藤が描かれていて決して全編通して明るい話というわけではありません。

だからこそエンディングの底抜けに明るく疾走感のあるメロディと歌詞に心をつかまれるものがあります。

Bohemian Rhapsodyは6分を超える長い曲ですがDon’t Stop Me Nowは3分少々。およそ半分です。これがまたいいんです。

余談ですが私本職はケーキ屋でして、ケーキも大きさが大事でお腹一杯になる量よりも、もうなくなっちゃったと思えるくらいのサイズの方がまた食べたくなったりします。

Don’t Stop Me Nowも腹八分目な感じで、もうひと波が来そうなとこで終わってしまい、ついもう一回リピートしてしまいます。

Freddie Mercury and Cat Lover マグ Don’t Stop Meow 11オンス コーヒー フレディ マーキュリー ミーム マグ 猫好き マグ One Size ブラック(サムネイル画像はこちらのAmazonから引用してます。)

フレディとは誰?映画ボヘミアンラプソディーの魅力を解説観たい映画が3つありました。 アクアマン グリーンブック ボヘミアンラプソディー 今日ようやくすべて観ることができました。グリーンブ...

Youtube クイーン公式チャンネルよりPV

ぜひ聴いてみてください

基本情報



Don’t Stop Me Now

1978年に公表された7作目のアルバム「ジャズ」の12曲目に収録された曲。翌年1979年にシングル化されてます。

作詞・作曲 フレディ・マーキュリー

上記のようにYoutubeクイーン公式チャンネルでは日本語訳バージョンがアップされている。


歌詞

Tonight I’m gonna have myself a real good time
今夜は、思いっきり楽しもう。
I feel alive and the world I’ll turn it inside out yeah
ああ、生きてるって感じ。世界をもひっくり返してしまおう、そうだ!
And floating around in ecstasy
エクスタシーに酔いしれながら…
So don’t stop me now don’t stop me
だから、止めないで、邪魔はしないで。
‘Cause I’m having a good time having a good time
だって、本当に、本当に楽しんでいるんだから。

I’m a shooting star leaping through the sky
僕は空を突き抜けて飛んでいく流星
Like a tiger defying the laws of gravity
まるで、重力をものともしない虎のように。
I’m a racing car passing by like Lady Godiva
僕はレディ・ゴダイバのように駆け抜けるレーシングカー
I’m gonna go go go There’s no stopping me
さあ、行くぞ、ゴー、ゴー、誰も止められやしない。

I’m burning through the sky yeah
空を突き破るように燃えている、そう、
Two hundred degrees
200度もの高熱で。
That’s why they call me Mister Fahrenheit
だから、ミスター ファレンハイトと呼ばれるわけ。
I’m travelling at the speed of light
光速で突っ走りながら、
I wanna make a supersonic man out of you
君をスーパーソニックマンにしてやりたい。

Don’t stop me now I’m having such a good time
今は、止めないで。ほら、こんなに楽しんでいるんだから。
I’m having a ball
もう、最高の気分。
Don’t stop me now
邪魔はしないで。
If you wanna have a good time just give me a call
もし君も楽しみたいのなら、電話をしてみて。

Don’t stop me now (‘Cause I’m having a good time)
今は、止めないで。こんなに楽しんでいるんだから。
Don’t stop me now (Yes I’m havin’ a good time)
邪魔はしないで。そう、本当に楽しい。
I don’t want to stop at all yeah
そうさ、全然やめたくなんかないんだ!

I’m a rocket ship on my way to Mars
僕は火星に向かう宇宙船、
On a collision course
衝突コースをまっしぐら。
I am a satellite I’m out of control
僕は衛星、制御も不能。
I am a sex machine ready to reload
僕はいつでも準備完了のセックスマシーン。
Like an atom bomb about to Oh oh oh oh oh explode
ああ、もう爆発寸前の原子爆弾みたいに。

I’m burning through the sky yeah
空を突き破るように燃えている、そう、
Two hundred degrees
200度もの高熱で。
That’s why they call me Mister Fahrenheit
だから、ミスター ファレンハイトと呼ばれるわけ。
I’m traveling at the speed of light
光速で突っ走りながら、
I wanna make a supersonic woman of you
君をスーパーソニックウーマンにもしてやりたい。

Don’t stop me don’t stop me
止めないで、止めないで、
Don’t stop me hey hey hey
邪魔はしないで!ヘイ、ヘイ、ヘイ!
Don’t stop me don’t stop me
止めないで、止めないで、邪魔はしないで!

Ooh ooh ooh,( I like it)
Ooh ooh ooh,(いいね!)
Don’t stop me don’t stop me
止めないで、邪魔はしないで!
Have a good time good time
もっと、もっと、楽しもうよ!
Don’t stop me don’t stop me ooh ooh alright
止めないで、邪魔はしないで!ooh ooh alright

Oh,I’m burnin’ through the sky yeah
ああ、空を突き破るように燃えている、そう、
Two hundred degrees
200度もの高熱で。
That’s why they call me Mister Fahrenheit
だから、ミスター ファレンハイトと呼ばれるわけ。
I’m trav’ling at the speed of light
光速で突っ走りながら、
I wanna make a supersonic man out of you
君をスーパーソニックマンにしてやりたい。


Don’t stop me now I’m having such a good time
今は、止めないで。ほら、こんなに楽しんでいるんだから。
I’m having a ball
もう、最高の気分。
Don’t stop me now
邪魔はしないで。
If you wanna have a good time just give me a call
もし君も楽しみたいのなら、電話をかけてみて。

Don’t stop me now’cause I’m having such a good time
今は、止めないで。こんなに楽しんでいるんだから。
Don’t stop me now(yes I’m havin’ a good time)
邪魔はしないで。そう、本当に楽しい。

I don’t want to stop at all
絶対にやめたくなんかないね!

la da da da daah da da da haa

ha da da ha ha haaa ha da daa ha da da aaa

引用元:youtube Queen officialチャンネルDon’t Stop Me Nowより

レディ・ゴダイバ



歌詞に出てくるレディ・ゴダイバとは11世紀に実在したイングランドの伯爵夫人Lady Godivaのことで彼女には伝説があります。

民に対して情け深い夫人が夫であるレオフリック伯爵に民の減税を頼んだところ伯爵はこれを断ります。それでも夫人はしつこくお願いしました。伯爵から裸で馬に乗り町内を走ってきたら要求をかなえると難癖をつけられましたが、夫人はこれを実行して裸で長髪をなびかせ街を疾走しました。そして約束通り減税してもらったという伝説です。

この夫人のように駆け抜けると言っているんですね。

ただし、このゴダイバ夫人の伝説はあくまでも伝説であって事実かはわかりません。

ちなみにベルギーのチョコレートでおなじみのゴディバの名前はゴダイバ夫人に由来します。そのためロゴマークは馬に乗った裸の女性がモチーフになってます。


 

ミスターファレンハイト

ファレンハイトとは華氏のことすなわち”温度”。または華氏を考案した物理学者ガブリエル・ファーレンハイトのことを指しています。日本では摂氏なので単位はですが華氏はであらわします。

ちなみに100℃と212℉が同じなのでフレディのいう200度は93℃くらいのことですかね?沸騰直前ということでしょうか。

 

カバー

この曲はたくさんの方がカバーしてきました。ただフレディの印象が強すぎてなかなかしっくりくるものが見つかりません。それでも一つお気に入りがあります。女性のギターによるカバーです。歌は一切なくすべてアコースティックギターだけで演奏してますが音色が心地よくてつい最後まで聴いてしまいます。

彼女のTwitterリンク

最後に

いかがですか。フレディの唾飛ばしまくりの歌にまず驚きますよね(*’▽’)

また、映画を観てない方やフレディの若いころを知らない方はイメージと違って驚くのではないでしょうか?

この曲はフレディのピアノからゆっくり始まり歌詞と共に曲調がガラリと変わりスピードアップします。そこからは疾走感と共に楽しい時間があっという間に過ぎ去っていきます。フレディのパフォーマンスとメンバーのコーラスが心地いい気分にさせてくれます

今この曲を映画館で聞きたくてもう一回観に行こうか迷っています。でもそれはさすがに…とか思いながらまた聴いてしまいます。

映画ボヘミアンラプソディーでは新たにギターパートが加えられた音源が使われてます。こちらもかっこいいです。

フレディとは誰?映画ボヘミアンラプソディーの魅力を解説観たい映画が3つありました。 アクアマン グリーンブック ボヘミアンラプソディー 今日ようやくすべて観ることができました。グリーンブ...

Twitterのフォローまたはブックマークの登録よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です