映画紹介

初心者のためのスターウォーズ講座!エピソードⅠ映画紹介ネタバレなし

スターウォーズの世界って好き嫌いがはっきり分かれますよね。私はもう何十回観たか覚えていませんが、イマイチ興味がわかないという人が多い映画ですがせめて観てから嫌いになって欲しいんです。

あれだけ有名な映画なので聞いたことあるスターウォーズ用語はたくさんあると思うんです。

  • ジェダイ
  • ライトセーバー
  • フォース
  • ヨーダ
  • ダースベイダー

いかがでしょうか。これらの言葉は聞いたことありませんか?まったく知らない方にもわかるように順を追って説明していきます。お付き合いください。(サムネイル画像はAmazonから引用してます。)

この記事はスターウォーズをまったく観たことない方のために書いたものです。観たことある方には新しい情報は一切書かれておりません。ご了承ください。

SF大作スターウォーズはエピソード4が最初に公開された

ここではスターウォーズの歴史を見ていきましょう。スターウォーズはジョージルーカス監督により1977年にエピソード4が公開されたのが始まりです。ここがややこしいとこなんですが4話から始まったんです。その後エピソード5,6と続きまして3部作で一度終わります。

その後月日は流れて1999年ジョージルーカスが再びスターウォーズを世に送り出すのです。ただし、時系列に気を付けてほしいのですが新作でありながら公開された作品は”エピソード1”つまり昔作った3部作より前の物語となるのです。こちらもその後エピソード2,3と続き新3部作として完結しました。

そして今、監督が変わり2015年を皮切りに新たなエピソード7~9までを続3部作として作っているところですね。

というわけでご覧のように時代を大きくまたにかけて作られています。観た人の世代によって、個人の趣味によってスターウォーズ好きでも好みのエピソードは分かれます。初めて観る人にどれを(厳密にはどちらを)勧めるか悩みます。最初に作られたエピソード4か物語の始まりであるエピソード1か。私はエピソード1から観てもらうことをおすすめします。

理由は...一つは大きな物語の始まりだから。もう一つはエピソード4はさすがに映像に古さがあるのでちょっと昔の映画って感じが出てしまうんですよね。それが悪いわけではないのですが今回観たことない方に観てもらうわけなのでできるだけ障害を無くしたいのです。あくまでもスターウォーズの作品どれかひとつだけ観てもらえるのならエピソード1をどうぞ。といった感じです。あとは私自身がこの世代なので話しやすいという理由が大きいですね。学生時代映画館で観ました。

ではここまでが前置きです(^^)/

#9 スターウォーズエピソードⅠファントム・メナス

まずタイトルですね。スターウォーズというからには宇宙での戦争映画ですね。さらにエピソード1なので繰り返しになりますが物語の第1話です。そして副題がありますね。「ファントムメナス」意訳すると”見えざる脅威”となります。

それではあらすじ紹介します。恐らく意味がわからないと思いますが後程解説します。

あらすじ

むかしむかし地球から遠く離れた星でのお話。

ここではいくつかの星が集まり大きな国家として成り立っている。この国家のことを銀河共和国と呼ぶ。

大企業”通商連合”は貿易会社であり大変儲かっていて武装までして政府を脅かすほどの存在になっていた。政府はこれを恐れて関税を上げようとしたが、通商連合が拒否したうえに惑星”ナブー”を威嚇包囲した。そのため政府の最高議長は仲裁のために2人のジェダイを派遣した。

ジェダイは治安を守り政府のために動く共和国の特殊な警察のようなもの。ジェダイは基本師匠と弟子の関係で成り立つ。ジェダイマスター(師匠)であるクワイ=ガン・ジンと弟子のオビ=ワン・ケノービの2人が話し合いで解決しようとした。しかしこれまた通商連合は2人を襲撃ナブーへの侵略に踏み切った。ナブーの女王アミダラは通商連合に捕らわれてしまう。

2人のジェダイは敵の戦艦に乗り込んで脱出していた。途中、原住民の若者ジャー・ジャー・ビンクスと知り合い彼の故郷を経てアミダラ女王を救出する。共和国首都惑星コルサントへ向け一行は脱出したがその際船が損傷したため修理のため近くの惑星タトゥイーンに降り立つ。

そこで少年アナキン・スカイウォーカーと出会う。クワイ=ガン・ジンはアナキンに特別な才能を感じジェダイの道を示す。アナキンを説得して共にコルサントに向かう途中、謎の戦士ダース・モールの襲撃にあう。

登場人物、用語の説明

  • 銀河共和国と首都惑星コルサント...少し違和感があるかもしれませんが僕私たちの暮らしに置き換えるならば、”太陽系”という国が存在して、太陽系の”首都惑星”が地球ということになります。
  • フォース...スターウォーズシリーズにおいて銀河の万物に存在するという架空のエネルギー。超常的な能力の源。フォースをもちいて先のことを予知したり物を浮かせたり、人の心を操ったりすることができる。しかし誰でもできるわけではない。
  • ジェダイとシス...ジェダイはフォースと光る剣”ライトセーバーを用いて戦う共和国の自由と正義の守護者と呼ばれている。一方シスもジェダイと同じくフォースとライトセーバーを扱う。しかし穏やかな感情から生み出される”ライトサイド”のフォースではなく、怒りや憎しみにより生み出される攻撃的な”ダークサイド”のフォースを扱うものを指す。ジェダイとシスどちらも誰でもなれるわけではなく修行が必要である。

ちなみにヨーダはジェダイの中でも長老にあたります。本作に出てきませんがダース・ベイダーはシスの人間です。

解説

政府と通商連合というひとつの大企業との争いから戦争に発展していきます。ジェダイを送り圧力をかけた政府でしたが通商連合はこれに屈せず徹底抗戦ナブーを襲撃します。ジェダイはナブーの女王アミダラを助け首都惑星コルサントへ向かいますが途中シスであるダース・モールに襲われたことにより裏で何か大きな動きがあると考えられます。

これがファントムメナス=見えざる脅威なわけですね。

見どころ

いろいろありますが最大の見どころは何といってもクライマックスのジェダイ2人対ダース・モールのライトセーバー戦です。ダース・モールの機敏さ圧倒的な身のこなしで2人を相手に臆することなく戦うとこに観ていて興奮します。またこのときのBGMも気分があがります。

感想

いかがでしたでしょうか?少しでも伝わって観たいという気持ちがわいてくれたらうれしいです。

そして観ていただけたらぜひ他のエピソードも観てください。個人的に好きな話は3、5、6です。

それと最後にスターウォーズは音が大事です。音楽、効果音のはたらきにより映画のおもしろさ倍増です。気持ち音量大きめがいいです。

以上、スターウォーズの紹介でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です